2009年10月01日

チケットぴあから大切なお知らせが来た!

10月に入りましたね。お久しぶりです。ちゃんとに(誰も見ていない)このブログも更新しなきゃなと思います。

さて、今日は、チケットぴあから珍しくメールが届きました。以下、内容を貼り付けます。

=============================================================
★ セ・パ誕生60周年記念 U-26NPB選抜 VS 大学日本代表(東京)
=============================================================
 プロ野球セ・パ両リーグ誕生60周年を記念し、プロ選抜チームと大学日本代表
 チームによる初の交流戦を開催!
 各チーム24名の選手が選抜。出場選手の発表は11月上旬の予定だが、プロ側は
 12球団から推薦された今年満26歳以下の選手と数名のオーバーエイジ枠で編成

 楽天・田中将大、巨人・坂本勇人、日ハム・中田翔など名だたる若手が候補と
 して名を連ねている。大学側は、今夏の日米大学選手権のメンバーから4年生
 を除いた選手を中心に構成。早大・斎藤佑樹、亜大・東浜巨らが出場の予定だ

 この歴史的な一戦は、ぜひとも会場で目撃したい。

【受付期間】受付中 〜 10月5日(月)11:00

【試 合 日】11月22日(日) 東京ドーム(東京)


入場券、座種

前売り料金


当日料金



エキサイトシート(★)

5,000円



指定席 S

3,000円



バルコニーシート(★)

2,500円



指定席 A

2,500円



自由席おとな

1,300円


1,800円



自由席こども(小・中学生)

500円


1,000円



外野指定席

ライト(★)


2,000円



レフト(★)

2,000円



車いす席

2,000円



(★印の席種は、チケットぴあ限定でのお取り扱いとなります)



詳しくはコチラhttp://www.npb-jubf2009.jp/ticket.html



 



・・・やはり、、、というか、高い!いや、安いのかもしれないけど、学生野球に慣れ親しんだ身からすると、高い。前日あたりに自由席でも買って、2階席から見ますかね。もしくはバックネット裏の指定席Sとか。



ま、神宮大会をとりあえずの楽しみにします。



ちなみに、U-26NPB選抜 VS 大学日本代表の翌日(勤労感謝の日)はオール早慶戦が行われます。場所は阪神甲子園球場。無理。

仕事の関係上、野球を見に行くならば休まなければならない日曜より、月曜日の方がスムーズに観戦できるのですが、甲子園では無理です。日程が逆だったら良かったのに!

posted by だーやま at 15:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

Love 松家

TBSテレビの「Love Baystars」という5分番組で横浜ベイスターズの松家投手のインタビューを夏川純がしていました。

と、先日の日記で書きましたが、この番組を作ってたりする友人に問い合わせてみたところ、「TBSのホームページで見られるよ。」と教えられました。というわけで以下が松家の回です。松家に興味のある人だけご覧ください。

http://www.tbs.co.jp/sports/baseball/app/player.html?xml=http://www.tbs.co.jp/sports/movie_xml/baseball/lovebaystars/13.xml

で、ちなみにその友達は、細山田(早大)の回を作ったそうなので、六大学ファンの方は感謝の意を込めて、是非そちらも見てください。

TBS「Love Baystars」ホームページ
http://www.tbs.co.jp/sports/baseball/lb/

細山田の回は6月21日分と6月28日分の2回分です。実は細山田の回の方が松家の回より興味深いです。さすが僕の友人(笑)!

彼に感想を伝えておくので、感想を持たれた方はコメント欄にお書きください。

posted by だーやま at 15:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

松家松家松家

東京六大学野球ファンの皆様おはようございます。

突然本題に入りますが、おとといの金曜日、仕事の帰りに夕刊フジを買うと、野球面の1/2ページを使って、横浜ベイスターズの松家のインタビューが!!

しかも、【下】とあります。つまり、木曜日の夕刊フジに【上】があったのです。あわせて1ページ強の記事!!なんだか、うれしいですね。

しかし、【上】が気になる・・・。なんとかして夕刊フジのサイトにないか探してみたところ、なんとありました!!この喜びを皆様とわかちあいたく、この日記を書きました。

というわけで記事です。
【上】
http://www.zakzak.co.jp/spo/200907/s2009070221_all.html
【下】
http://www.zakzak.co.jp/spo/200907/s2009070321_all.html

感動した人は、コメントでも残していってください(笑)。特にこの記事に興味がなければ、結構ですが。。。

松家卓弘
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E5%AE%B6%E5%8D%93%E5%BC%98

なお、先ほどTBSテレビの「LOVE BAYSTARS」という5分番組で松家のインタビューを夏川純がしていました。ちょっとしか見られなかったのですが、彼女はいるそうです。へぇ〜。

posted by だーやま at 12:16| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

チュバチュバ!続報

前回、チュバチュバワンダーランドの続編の話をしましたが、僕も確認しました。

第1弾のチュバチュバワンダーランドは、非常にキャッチーな曲でしたが、第2弾は非常に穏やかな曲でした。聞けば聞くほど入ってくる曲だと思いますが、入ってくるまで聞けるかどうかは、微妙なところだと思います。

それでは、例によって、その第2弾の映像をご覧ください。

ロックン★チュバ

これを4分見れば、千葉のことがすべてわかるはず!

posted by だーやま at 00:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月30日

チュバチュバ!

よい子のみんなこんにちは!

今日は、よい子のみんなに大切なお知らせがあるんだ。

それはね。

なんと、あのチュバチュバワンダーランドに新作(第2弾)が発表されたんだ。

え?チュバチュバワンダーランドを知らない!?
そんな子には特別に初代チュバチュバワンダーランドを見せてあげよう!HDボタンを押すと超絶高画質で見ることができるぞ!大きい画面で見たい人は、各自うまいことやってくれ!

チュバチュバワンダーランド C☆stars

わかったかい?すてきな曲だろ。

で、第2弾なんだが。

http://www.chiba-tv.com/030edit/2009-0417-2149-16.html

(以下抜粋)
チュバチュバワンダーランド(毎週月〜木、土日18:15〜放送中)に5月2日(土)から新キャラクター「キャプテン☆C」が登場。
千葉を愛するスーパーヒーロー!『キャプテン☆C』が、千葉県内のあらゆる場所に駆けつけ、千葉をもっと元気にそして沢山の人たちを笑顔にします。

 

だそうだ!第一弾からのつながりコンセプトもへったくれもないが、これが独立UHF局の矜持なのだ!

既に放送されているが、千葉の人でまだチェックしていない人は、是非見てみてくれよ!

千葉県以外のみんなは続報に期待していてくれ!

posted by だーやま at 22:29| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

競馬実況ブログ開設

だーやまさんの競馬実況新世紀

http://yamarky2.seesaa.net/

久々に、ブログ開設しました!
これ(http://yamarky.seesaa.net/)以来です。

今まで、自分のホームページ(http://www.geocities.jp/yamarky/Keiba01.htm)にアップしてきたのですが、管理があまりにも面倒くさく、ブログの形をとれば更新作業が楽になるので今回、重い腰を上げて新ブログを作成しました。

下手な実況ではございますが、お聞きいただければ幸いです。今後ともよろしくお願いいたします。

なお、数少ない私の知人の皆様におかれましては、私の生存確認にもなると思いますので、ご活用ください!

また、もちろん当ブログも、これまで通り更新し続けていきますので、合わせてよろしくお願いします。

posted by だーやま at 02:17| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

4月7日東都開幕戦

5年前の大学生の時は、神宮なんてそんなに好きではなかったのに、今や余裕さえあると神宮にいるというクズっぷりを発揮しています。今年も、4月7日火曜日早々と神宮に行っていきました。ところで、なぜ神宮と書くかというと、神宮球場では東京六大学野球と東都大学野球という2つの大学野球のリーグ戦が行われており、それをまとめて僕は「神宮」と呼んでいるからです。
おおざっぱに言って、土日の六大学、平日の東都、てな感じで春秋のリーグ戦は行われています。

と、いうわけで春のリーグ戦が六大学野球に先立ち、東都大学野球で始まったのです。
華やかな六大学野球と違い、東都は平日開幕なので、リーグ戦4連覇中、全国大会3連覇中の東洋が開幕試合を飾ろうが、お構いなしの観客数。。。六大学より遥かに高い年齢層。そして、質素な応援。高いレベルの野球をしているリーグ戦の中で最もアマチュアライクであると言ってもいいでしょう。さらにネタ満載で、技術とか詳しいことがわからない僕にも楽しめて、涙が出そうなほどです。
繰り返しになりますが、残念なのが、平日開催であるということ。でも、神宮では休日開催はできませんし、神宮から出て休日開催にしたら、説明は難しいですが、この面白さは出ないと思います。身動きがとれない東都の立場、それもこのリーグの観客側から見た空気感を象徴しているのではないかと思います。

さて、長々と説明してきましたが、この日の第一試合、正真正銘の2009年神宮開幕公式戦、東洋大×青山学院大の話をしていきましょう。

おお!

いきなり、この組み合わせ!!
というのも、東都は監督の変化が少なく、監督のキャラクター(自由さ)というのも楽しみの一つといわれていますが、この2つの大学は長く東都1部リーグ(東都はその大学の強さに応じて1部〜4部まである)に所属しているのです。大学野球は4年で一人の選手が卒業してしまうため、変わらない大きな戦力は監督といっても良いでしょう。
東洋大学の高橋昭雄監督は昭和47年(1972年)から現在まで東洋大学を率いています。今シーズンは、なんと37年目!すさまじいの一言です。
対して、青山の河原井正雄監督は昭和62年(1987年)から、現在まで青山を率いており、今シーズンで22年目。
二人とも、ご本人の人生の半分以上を同一大学の監督を率いているということになります。すごいでしょ。したがって、キャラクターも愛すべきものになるのですね。

さて、試合については、公式ページおよびいろいろな方が観戦記を書いていると思われますので、割愛。
試合は、1点を争う好ゲーム。この日はプロ併用(スワローズのナイトゲームがある)のため、第一試合は、9回以降試合時間が2時間30分を超えた場合次のイニングには入らないルールです(ちなみに第二試合は延長なし)。

事件は1対1の同点の9回の裏に起こりました。青山の攻撃、2アウトから、ライトフライ。打ち上げた瞬間、試合時間が2時間30分になったのです。東洋高橋監督は、これで試合終了と理解。しかし、審判は10回の攻防の指示をします。すると、高橋監督はグラウンドに出てきて審判に、詰め寄ります。どうやら、試合終了ではないかと抗議?している模様。そしてしばらくすると、、、1塁側青山のベンチに歩み寄り、

「2時間半じゃないの!?」

と、高橋監督の球場中に響き渡る声。笑いがこみ上げる僕。おそらく、ベンチの河原井監督に同意を求めに行ったのでしょう。よっぽど仲がいいのでしょうか(笑)。そりゃ、22年も同じリーグの監督をやってますからねぇ。おそらく苦笑いの河原井監督の顔が予想され、非常にほほえましい光景でございました。

結局、試合は10回も両チーム無得点で引き分け。試合時間は2時間53分でした。

さて、第2試合、中央大×國學院大ですが、日を改めて日記を書こうと思います。

posted by だーやま at 22:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

僕の開幕

4月11日(土)、それは紛れもなく東京六大学野球2009年春季リーグの開幕でした。しかしながら、僕は、 神宮球場にいませんでした。中山競馬場にいました。あいかわらず、土日は競馬場で取材もどきをしているからです。

あぁ、なんて酷い仕事なのでしょうか。涙、涙に暮れながら、僕はレース間のわずかな暇を縫って、六大学野球携帯サイトの速報を見ながら、 一喜一憂しているのです。

ご存じのように、東京六大学野球は2勝先取の勝ち点制。したがって、 土日でどちらかの大学が連勝以外のケースは月曜以降も試合をすることになります。僕は土日に行けないので、月曜以降に試合があると、 神宮球場に足を運んでいるのです。で、実際今日、慶應立教の3回戦が開かれたため、僕は一人で神宮球場に行きました。…あぁ、酷い。 せめて知り合いと行けよ、と、自分でも思いますが、僕のまわりで月曜が休みの学生野球バカは、見あたらないのだからしようがありません。 ここからも、僕がろくでもない人間だということがわかりますね。月曜なんて普通は休みじゃないのです!

そんなこんなで、僕の春の大学野球が幕を開けたのです…。

…。

嘘です。

とっくに春の大学野球は幕を開けてました。先週の火曜日に。東都です。

ああ酷い。

東都の詳しい説明は悲しすぎてできません。本当は面倒くさいからですが。

東都大学野球は先週の火曜日から始まりました。体の疼きに耐えきれなくなり、大学の後輩のN氏と行ってしまいました。彼も変態ですね。 軽々しく「仲間」という言葉を使うのは野暮ってもんですが、彼と僕とは変態仲間なのでしょう。まぁ、彼の方が変態だとは思いますが。

というわけで、いよいよ本格化する春の学生野球シーズンです。以前は、たまに書いていた観戦記も、最近はめっきり書いていないので、 今シーズン何度か書ければいいなぁ、と個人的に思います。

とりあえず、今日の話題に上がった先週の東都開幕日と今日の東京六大学のことは、いずれ改めて書こうかなと思います。

posted by だーやま at 19:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

品川駅の奇跡

今、僕は品川駅13番線のプラットフォームで、電車を待っている。無論、自宅に帰るためだ。

いや、ちょっと待ってほしい。金曜日の夜、僕は三田で仕事を終え、品川からアクアラインバスで帰宅している。 ゆえに品川駅で電車を待つというのは変だ。

アクアラインが通行止めになったのだ。

今日は、春一番が吹いた。明日は暴風雨になるという。今も風は強い。つまり、そういうことなのだろう。

僕は今、著しく体調が悪い。吐き気、下痢、倦怠感から、朝から飯を食べていない。それゆえ、仕事が終わりクタクタだ。空間認識能力が、 低下している。

僕は三田を出、品川駅に着いた。そして、木更津行きのバス乗り場へと向かった。バス乗り場には、ベンチがある。 ヨレヨレの僕はそのベンチに座った。隣には横顔から伺い知るに、かわいらしいお嬢さんが座っていた。

ベンチに座るなり、寝る態勢になったが、先にバスの回数券を出しておいた方がよいと思い、財布をバッグから取り出した。すると、 右隣に座っていた先ほどのお嬢さんがコチラを向き、何やら話す。

「どちら行きのバスをお待ちなんですか?」

コチラを向いたお嬢さんの顔は横顔に違わぬ可愛さだ。きっと彼女は、このアクアラインバスにあまり乗ったことがないのだろう。 それで僕に確認してきたのだ。そう思い、僕は優しく、そしてゆっくりと答えた。

「木更津ですよ。」

すると思わぬ答えが彼女から返ってきた。

「木更津行きのバスは止まってますよ。」

彼女は、若干優しい笑みをたたえて言った、と僕には見えた。そして、思った。「そんなバカな」と。彼女は続けて言った。

「そこに貼り紙がしてありますよ。」

僕の背中の壁に事実が淡々と述べてあった。「あぁ、何という時間の無駄、 そしてお金の無駄(品川駅から再び戻る形で千葉方面に戻らなければならないから)。」…僕は思った。

しかし、今、満員電車に揺られ、考えを新たにしている。

あのようなかわいらしいJRAの後藤浩輝騎手のバレット(お手伝いさん)に似たお嬢さんとお話が出来たのだから、 むしろラッキーだったのではないか。そして、 赤の他人にそのような助言ができる彼女の人間性の素晴らしさにふれられたこともラッキーだったのではないか、と。

今、僕は新小岩だ。
明日は朝早くアクアラインバスで東京競馬場に仕事で向かう。

posted by だーやま at 23:12| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

10月27日月曜日

 10月6日の日記において、「僕は東大の学生席で東大の勝利を見たことがない。」と書きましたが、ついにその夢が叶ってしました。 それが10月27日の出来事です。

 と、言葉にするのは簡単ですが、27日その日に東京六大学野球を見るというのはかなりの難関です。僕が応援する東京大学は、 土曜日から始まる2試合先取のリーグ戦において、月曜日に試合をすることが極端に少ないからです(理由は察してください)。

 そして、その週は、東京六大学野球秋季リーグ戦の最終週でした。・・・言い過ぎました。ある意味、最終週でした。・・・ ご存じの方も多いでしょうが、東京六大学野球は春秋のリーグ戦共に第8週、すなわち最終週に早稲田大学対慶應義塾大学の試合、 いわゆる慶早戦が行われることになっています。ですから、東京大学の試合が行われる最終週、僕にとっての最終週が第7週なわけです (第8週はオマケのお祭りです。)。さて、秋の最終週ということは、この1年の最後の試合、 4年生にとっての最後の試合が行われる大事な週なのです。そんな週に神宮球場に足を運びたいというのは、誰もが思うことです。しかし、 僕には土日仕事という最悪な足かせがあります。だから、なかなか東京大学の試合が見たくても神宮に行けないというジレンマがあるのです。 そして、当然、この最終週においても事情は変わらず、土日は競馬場(涙)。 東京大学の試合を見に行くなんて夢のまた夢のようなことだと思っていました。したがって、雨乞いをするも週末の天気は好転(この場合、 雨になる)せず、悲しみに暮れながら、東京大学(対法政大学)の第1回戦が行われる土曜日、僕は府中にいたのでした。

 しかし、土曜日、奇跡が起こります。

 東京大学不動のエース、鈴木(3年)が力投。法政打線を12回完封するのです。残念ながら東大打線も、 この秋メキメキと力をつけた法大・加賀美(2年)の前に沈黙し、0対0の延長12回引き分け。

 これが何を意味するか・・。そうです。日曜日にどちらが勝っても月曜に試合があることを意味しているのです! 夕方は浮き足立ちすぎて、うっとりしてしまって、仕事になりませんでした。現在、騎手に取材をする仕事をしているため、 うっとりしていたらダメなので、状況として相当やばかったのは間違いありません。そして、日曜は東大は負けてしまうのですが、 これはエースの鈴木を温存(ベンチにも入れなかった)のである程度は納得しています。自分も、見ることができませんし(苦笑)。

 そして訪れた10月27日月曜日。 第1試合の明治×立教がグダグダ+日差しが気持ちの良い神宮球場でつい寝てしまいそうになりましたが、なんとか終わり、 いよいよメインイベントの第2試合、東大×法政。いそいそと東大の学生席に向かいました。しかし、この時点で、 「今日で今年の六大学も見納めだな」という思いがあったのは否定できません。

 運命の試合開始は本来の試合開始時刻を1時間強過ぎた14:34(第1試合がグダグダ過ぎる・・・。)。

 東京大学の先発は、もちろん鈴木。法政大学の先発は土曜日に鈴木と投げ合った加賀美・・・と思いきや二神(3年)。 若干拍子抜けしつつも、「これならば行けるかも!!」という期待が少し出てきたのは秘密です(笑)。

 試合序盤の3回までは、両大学とも点数は入らず。法政学生席は特に何も思ってないのでしょうが、 東大学生席はテンションが少しずつ上がってきます。「今日は行けるかも!」と。ところが3回表、試合が動きます。法政2点先制。 これには少し気持ちが折れそうになりますが、なんとか2点で抑え、裏の攻撃へ。するとなんと、東大打線が火を噴き、2点を返すのです。 東大学生席は大盛り上がり!!すでに奇跡のような状態です!!

 しかし、再び6回表に空気の読めない法大・石川がソロホームラン・・・。「石川・・・、お前は何故よりによってこの日、 この時間にホームランなど打つんだ!」という空気が球場中を包み込みます。

 もはやこれまで(・・・1点差なのに(笑))、という雰囲気が漂い始めた7回裏東大の攻撃、なんと法政二神に突然限界が訪れます!!

 先頭バッター前代(4年)にセンターオーバーの二塁打を打たれると、東大学生席大興奮!!続く、鈴木が送りバント・・・、 これが絶妙に3塁方向に転がり鈴木もセーフでノーアウト1.3塁!!さらに笠井(3年)が弱る二神の初球を叩き、狭い1. 2塁間を抜けるタイムリーヒット。鈴木は3塁到達。ここで二神降板。二神は突然限界が訪れましたが、東大はゲンカイシラズ!! この状況で法政は2番手の加賀美。対する東大のムードメーカー大坪のショートゴロの間に3塁ランナー鈴木はホームインでついに逆転!!!!

 7回終了で4−3。なんということでしょう。

 が、それもつかの間、8回の表に2アウト1.2塁の状況で法政の主将・伊東暢(4年)が、 もはや意地悪にしか思えないライト前タイムリーヒットで4−4の同点・・・。

 そして日も完全に暮れた9回裏東大の攻撃。法大マウンド上は3番手小松(4年)。 小松は今年のドラフトで広島に3位指名されるほどの選手。延長か、、、と思った矢先の先頭バッター前代がこの日3本目のヒットで塁に出ると、 続く鈴木はセカンドゴロで1アウトランナー2塁。主将・井尻は敬遠の四球。大坪がセンター前にポトリと落ちるヒットで1アウト満塁。

 この状況は60パーセントくらいはサヨナラとなるケースだとは思いますが、なんだかそういうことが僕は考えられなくなっていました。

 ここで代打、揚場遼(4年)。これから揚場のことを書くと大変なことになるので、省略します。簡単に言うと、 一時は4番も任されるほどのバッターでしたが、ここ2年くらい不振ですっかり代打要員になっていました。

 その揚場、とんでもない状況で代打です。この揚場の打席、とにかく長かった!!追い込まれてもなお、ファールファールファール (総ファール数6本)で粘り、遠くでは稲光。とんでもない状況で打った、揚場の打球はファーストへのゴロ、バックホーム!!!!!!!

 僕には完全に見えました。セーフです。しかし微妙なタイミング。そしてそれから1秒。球審の手が広げられ、試合終了! この日記で何度か出したことのある2003年秋の慶應戦以来のサヨナラ勝ち。

 東大学生席、大歓声。軽いパニックです(笑)。そして歓声のあとは、あちらこちらでうれし泣きの声。あれ、 ここにも泣いてる奴がいる。・・・いや、久しぶりに泣きました。どうしようもなかったです。

 さらに、試合終了後10分後、神宮上空はゲリラ雷雨。大変な雨に見舞われました。つまり、延長に入ったら、 引き分けだったということです。もう言葉が見あたりません。この辺で筆を置きます。・・・あと、次回からは短い日記にします(笑)。

081027_1721~0001 081027_1736~0001

posted by だーやま at 01:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。