2006年04月12日

やっちゃった。

やっちゃった。大手町(東西線西船橋方面行き)で座れなかった…、ということは、このまま満員電車で苦しい思いをするしかありません。船橋で下車するので6号車に乗ったのが運のつきでした。

お仕事も2週目に入り、会社に出社するということには慣れてきました。あと、時間の流れがスムースになって来たような気がします。不自然に早く感じたり遅く感じると言うことはなくなりました。でも先輩の方々の顔と名前を覚えたりというのはまだまだすぎて、話になりません。学生の時と違って、お相手が神妙な顔つきで、仕事をなさっていると、個人に自己紹介をすることはできません。さすがに(笑)。その中で顔を売るというのは難しいことです。

さて、仕事で初めて「宿題」が出まして(「課題」じゃないのが私たちの立場を如実に表していると言えましょう)、それが「企画書を作る」ということなんです。企画書なんて学生のときに書かなかった人なので、鼻血が出そうです。いやいや、企画書を学生のとき書かなかったわけじゃないですけど、仕事となると身構えてしまいます。ただ、「宿題」なので、そこまで先輩方は期待していないでしょうね(笑)。大学のとき、少しだけ書いたのと同じように(体裁は整えて)、やりたい放題やってみようかなと思っています。叩かれるのは間違いなし☆

とまぁ、いろいろあって、軽くヘコんだりもしているんですが(今日も軽くヘコみました)、そんなんじゃ、世の中にあるどんな会社に入っても、耐えられないですよね(笑)。小沢一郎のように、「自分も変わらないといけない」と思います。もう学生じゃないですからね。

企画書の途中経過を見せようとしたら、「そういうのは見せちゃダメだから」と。結果がすべてなんだと言われました。それから軽くお説教(笑)。うーん、厳しい。
お説教された事実は別に良いのですが、社会人にはやはり結果が重要と言うことを、そして自分の甘さを、完全に見透かされました。改めて気付かされて、軽くヘコんだのです。本当に言われたことは的確で、上司には感謝ですね。

関係ないのですが、左隣りの社会人の若い男(ごく普通に見える)が口開けながら携帯電話のメールをやっていて、臭い上に見苦しい。さらに右隣りのおじさんが電話を大声で話したりで、社会人のマナーもへったくれもないです。本当に腹が立ちます。だからなんだと言われても困るわけですが(笑)。

posted by だーやま at 01:08| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16447272

この記事へのトラックバック

『神と野獣の日』 松本清張
Excerpt: 「松本清張」のSF的小説『神と野獣の日』を読みました。 [神と野獣の日] 「清水義範」のSF連作集『博士の異常な発明』を読んで、SF作品を読みたくなったんですよね。 「松本清張」作品は、『ゼロの焦..
Weblog: じゅうのblog
Tracked: 2013-01-28 21:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。