2010年02月26日

さて困った。この就職氷河期に。

私、将来の行く末がとても不安になってきました(笑)。といってもたぶん深刻な話ではありません。でも本人は〜とても困っています。


実は私、転職します。今までフリーターすれすれの人生、いやフリーターそのものの生活を送ってきました(自分ではフリーランスと言い張ってましたが(笑))。この3月をもって全ての案件(仕事)を辞めることにしまして、4月から固定された職に就くことになります。


今にして思えば2006年秋にテレビ番組制作会社(非競馬)を辞めたときからおかしかったのです。


辞めてすぐさま競馬番組の制作会社でアルバイトとして働き、そのご縁でしばらく番組ごとの契約で今まで働いていまして、加えてさらに2007年の7月からこれまた競馬中継番組の仕事がご縁で舞い込み、週末は競馬場で騎手に取材→全レース分原稿作成という仕事をこれまで2年半やってきました。
仕事内容は興味深かった反面、仕事への対価が低すぎると数え切れないほど思っておりました。

「あぁ、やはりフリーランス的立場は弱い」

そう考え、いつしか転職を考えるようになりました。

世の中の転職ガイドには、「転職が決まってから退職せよ」とありますが、こういうときは所属フリーとは気楽なもので、そもそも所属していないのだから、辞めてから転職活動をしても別に痛くないのです。
したがってまず、昨年の年末に関係各所に3月いっぱいで辞める旨を申し入れ、ありがたいことに、とても困っていただけました。表面上のものかもしれませんが(笑)。しかし、困るだろうと言うことは何となく気づいてはいました。

まぁ困るならば、肉体的にも精神的にも週末の疲れは半端じゃなかったですから、もっとお金を出して欲しかったのですが、向こうの事情もあるでしょうから、言いたい気持ちをグッと堪えました。
さて、ここからが波瀾の始まりです。

どこで聞きつけたのか、「全て辞めるなら、ウチで働かないか」という連絡が、競馬関係の仕事で知り合ったおじさまから来たのです。
条件的にはアルバイトということでしたが、1年〜2年で社員登用の可能性アリとのことで、さらに就職活動OKということだったので、了承し、4月以降はその会社にお世話になることになるのでした。


ということなら、大して困りません。


その会社には2月からあいている平日に(今日もです)お世話になり、4月からはフルタイムで働く予定でしたが、働き始めた刹那、ある封筒が自宅に届きました。中身は

「あなたを4月1日から正規採用します。」

実は昨年9月、とある採用試験を受けておりまして、「落ちて元々、2010年への練習のつもり」でした。結果は補欠合格。まぁしかし、期待はあまりしていませんでした。その通知でした。

なんと間の悪いことでしょう。突如、4月からの選択肢ができてしまいました。

A・競馬放送関係で、知った顔も多く、ある程度自分が持っている人脈のようなものが生かせ、知識経験が生かせるが、アルバイトで社員登用の可能性アリという微妙な立場。家からは遠い。そして競馬は斜陽。
B・競馬・放送とは一切関係ないし、知った顔がいないが家から自転車で通え、身分は保障。

なお、AもBも休日関係は厳格に守られております。

てな具合。2月いっぱいには決めなければ…。
まだ心は決まっていませんから、4月以降&遠い将来がとても不安です。不安というか気持ちが乱れています。

ただ一つ言えることは、A・Bともに基本的に休日が土日なので、4月以降、春秋の六大学野球は行き放題だということです。

posted by だーやま at 16:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。